福祉制度について

就労移行支援は大学生でも利用できる?【利用条件と学生におすすめの事業所も紹介】

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

大阪のおすすめ就労移行支援事業所

WithYou

WithYouは精神・発達での支援・就職実績もリアルタイム公開。

・精神・発達での就職実績では、大阪でトップ。実績もリアルタイム公開。
・精神・発達に特化し、心理プログラムや交通費全額支給、企業など独自の取り組み
・それぞれの職業コースは、業界の専門家で固めているため専門性が高い

リタリコ

日本最大手の就労移行支援

・日本で最大の就労移行支援事業所
・身体・知的などあらゆる障害への実績
・年間就職実績は1000人以上。

エンカレッジ

発達障害の学生で就活に悩む方は絶対おすすめ

・発達障害を抱えながら、就活を行う学生に関する就職支援にかなり強い
・年齢層20代が多く活発、発達障害での若年層に人気
・発達障害の特性を知るプログラムが充実している。

\ この記事の監修者 /
この記事の監修者:中西 安香音/社会福祉士
大阪府で「社会福祉士」として障害福祉の現場に従事しています。日常的な支援経験から障害のある方のお悩みや福祉制度について詳しく解説していきます。

この記事では、大学生や在学中の方が就労系サービスである、就労移行支援を利用できるのかどうか?

大学生だけではなく短期大学、大学院、高等専門学校なども同様に就労移行支援のサービスを利用できるか!?

など、多くの質問が寄せられる中、実際はどうなのかについてを詳しくご紹介していきます。

大学生は就労移行支援のサービスを利用できるのか?

そもそも、大学生が在学中に就労移行支援のサービスを利用することは可能なのでしょうか?

在学中に精神障害の診断を受けた方が、これから就職を考えたときに最も将来に不安を感じ利用を検討される方も多くいらっしゃると思います。

この項では、就労移行支援事業所を大学生が利用したいと思ったときに言及して解説指定いきたいと思います。

大学生の利用は可能?

結論、大学生でも就労移行支援のサービス利用は可能です!
もちろん、在学中でも利用は可能です。

以前はサービスの利用ができなかったのですが、2017年4月1日より「働き方改革実行計画」で大学在学中でも利用できることが厚生労働省より認められました。

この改革に基づき現在では、在学中にまたはそれ以前に精神障害者となったまたは、発達障害の診断を受けたという大学生の方が多く利用するケースが急増しています。

参考:働き方改革実行計画【厚生労働省】

大学在学中の就労移行支援の利用条件は!?

大学生在学中で就労移行支援サービスを利用できる方はどんな方が対象になるのでしょうか?

利用条件を、厚生労働省による通達を参考にまとめてみました。

大学在学中の就労移行支援 利用条件

大学の就活などで就労が見込めない
卒業が決まっている、または見込みがあり就労移行サービス利用の対象者
本人が就労移行支援の利用を希望している。市区町村により利用をすすめられている者

上記が対象の条件になります。

参考:就労移行支援の大学在学中の利用【厚生労働省発表Q&A】

上記3つの内、どれかが当てはまっていれば利用可能ということですね!

そもそも、大学の卒業年度で単位の取得ができていなければ利用できないということになります。

後は市町村・自治体の判断や大学、地域の判断も重なってきますので、まずは卒業できる状況が必要というわけです。

大学生が就労移行支援を利用する理由

それでは、まだ就職もせず、社会人になる前の学生が就労移行支援のサービスを必要とするのでしょうか?

人によって様々な理由はあるかと思いますが、その中の一つとして大学生が利用する理由をまとめましたのでご紹介していきます。

在学中に障害や精神疾患が発覚した

大学在学中にうつ病や精神疾患になってしまった。
今までは気づかなかったが自分は発達障害というのが大学生になって気づいた。

など

病気になる理由、発覚した理由は色々ありますが、大学在学中に発覚し、就職活動が困難になってしまった方が就労移行支援のサービスを利用するようになることが多いです。

うつ病などの精神疾患は何歳になっても急になり得る病気です。

また発達障害は大人になってから発覚することも少なくありません。

もちろん他の病気で就労移行支援のサービスが必要になる方もいらっしゃいます。

就職活動が上手くいかない

精神疾患がある方は体調不良が続いたり、体調面が安定しないことが多いです。

そうなった場合、就職活動をしている最中に体調を崩して、インターンシップや面接などに行けない。
などの理由でなかなか就職できないという事例があります。

会社に障害を隠してはいけないという法律はありませんが、一般雇用で働く場合は会社に迷惑をかけない事が前提になります。

社会人になる前に知識やスキルを高めたい

障害のある方や精神疾患がある方は大学に行くのも一苦労であったり、大学に行って講義を受けるのが困難な方が多いと思います。

そんな中、就労移行支援では障害の理解があり、自分のペースで学習することが可能です。

就労移行支援では、人気の資格から難易度の高い国家資格まで取得することができます。

そう言った理由で大学在学中に就労移行支援のサービスを利用する方がいらっしゃいます。

大学生が就労移行支援を使うメリット・デメリット

それでは、次に大学生が就労移行支援を両するメリットとデメリットについてみていきましょう。

大学生が利用するメリット

メリット1.障害を理解してくれる

障害のある方が社会に出て一番苦労することは自分の障害を理解してもらえないことです。

大学や職場など社会生活の場において、一人一人に向き合って学習というのは難しくみんなについていけず単位を落としてしまったり、卒業も難しくて就職どころの話ではなくなってきたりと悪循環を起こされる場合が御座います。

しかし就労移行支援では障害を理解した就職のプロがサポートを行っておりますので、将来への不安やこれまで構築するのが難しかった、人間関係の訓練もあわせて行えるため

私生活から学習面まで社会人に向けた訓練が行えるため安心して新社会人への準備が行える場合もあります。

メリット2.社会人への準備ができる

障害の有無にとらわれず、大学生であれば卒業までに就活という大仕事が待ち受けています。

ですが就労移行支援を利用することによって大学生活が終わってすぐに就職を急がなくても、しっかりと社会人になるための準備ができます。

学生気分で入社して会社や人間関係が合わなくてすぐに退職してしまうと言ったケースも少なくありません。

そんな中で就労移行支援へ通所すれば職場体験やビジネスマナーなどを学び就職の準備ができます。

メリット3.就職後の支援がある

就労移行支援では就職した方に、就職後6カ月間の定着支援というサービスがございます。
1カ月に1度、支援員と企業の担当者と本人で面談が行われます。

その際に悩み事や相談したいことを話し合って、より働きやすく改善していくサービスになります。

新社会人として社会に出る大学生には初の就職となるため就職後も支援してもらえるのは、非常に助かるサポートですね。

大学生が利用するデメリット

デメリット1.収入がない

先ほど少しご紹介しましたが、就労移行支援のサービスを受けながらアルバイトはできません。

なのでほしいものが買えなかったり贅沢はできないかもしれません。

一人ぐらしなどの20代の若者などにとっては、大きなデメリットの一つと言えます。

デメリット2.利用料が発生する可能性がある

先ほど、同様金銭面での不安要素として交通費や昼食費がかかってしまう話をしましたが、毎月の利用料が発生することもあります。(※前年度の所得によって異なり、扶養での保険加入の場合は注意が必要となります。)

毎月の利用料が発生してしまうと更に金銭面で不安になってしまいますよね。
利用する前に毎月の料金が発生するのかどうか自治体に問い合わせるようにしましょう。

デメリット3.通所期間が長い

就労移行支援を利用して就職するまでに最短でも3カ月〜半年ほどはかかると言われています。

そもそも就労移行支援の利用できる期間は原則2年なのでそれまでに就職しなければなりません。

就労移行支援は段階を踏んだプログラムを構成している為、早く就職したい方との意見の食い違いが発生するかもしれません。

発達障害の学生向けの就労移行支援事業所3選

それでは今から、発達障害がある学生に人気の大阪にある就労移行支援事業所をご紹介していきます。

詳しい内容が知りたい事業所がありましたら、是非ホームページをご覧ください。

カイエン

カイエン大阪天六天神橋筋六丁目駅(堺筋線、谷町線、阪急千里線) 徒歩3分
天満駅(JR大阪環状線) 徒歩10分カイエン阿倍野阿倍野駅(谷町線)7番出口直結
阿倍野駅(阪堺電車) 徒歩2分
天王寺駅(JR線・御堂筋線) 徒歩7分

おすすめ度
カイエン大阪福島 福島駅(JR大阪環状線) 徒歩7分
福島駅(阪神本線) 徒歩9分
新福島駅(JR東西線) 徒歩10分
おすすめ紹介!
カイエンは大学生向けの支援を行っています。
同世代の方とのコミュニケーションをとる場も提供しており、お互いの悩みや趣味などの話をして新たな発見ができたり、気分転換に利用する人が多いそうです。障害の事を理解している為、短期講座やオンラインでの学習などにも力を入れています。

口コミ・評判
公式ページへ

エンカレッジ

エンカレッジ心斎橋大阪メトロ四ツ橋線四ツ橋駅より徒歩1分
大阪メトロ御堂筋線心斎橋駅より徒歩5分エンカレッジ天満橋大阪メトロ谷町線天満橋駅 北改札口、京阪天満橋駅 東口直結

おすすめ度
エンカレッジ大阪 大阪メトロ御堂筋線本町駅3番出口から徒歩1分
おすすめ紹介!
エンカレッジでは障害のある学生に就職活動の準備から就職をサポートしてもらえます。
発達障害やコミュニケーションが苦手な方に向けたプログラムが数多くご用意されています。
就活に大切な基本なところから面接練習、ビジネスマナーも学ぶ事ができます。

口コミ・評判
公式ページへ

ジョブジョイントおおさか

ジョブジョイントおおさか高槻オフィス阪急高槻市駅徒歩5分

おすすめ度
ジョブジョイントおおさか十三オフィス 阪急十三駅東口より徒歩約10分
おすすめ紹介!
社会福祉法人であり、障がい者雇用で就職を目指す人のサポートに力を入れております。
社会福祉士・精神保健福祉士・ジョブコーチなどの支援員を配置している為、相談事、学習に関してわからない事をすぐに聞ける環境を整えています。


公式ページへ

専門職に就職したい大学生向けの就労移行支援事業所3選

就職先をITなどのスキルを使って働きたいと考えている学生の方などに向けて、専門職であるITに特化した事業所も存在します。

全国的に見ても、ITに特化した就労移行支援事業所はあまり多くありません。
そんな数少ない中でも大阪で人気のあるITに特化した就労移行支援事業所を3事業所ご紹介します。

就労移行ITスクール

就労移行ITスクール

就労移行ITスクール大阪天王寺JR環状線「天王寺」駅 徒歩3分
地下鉄谷町線「天王寺」駅 徒歩1分
地下鉄御堂筋線「天王寺」駅 徒歩5分就労移行ITスクール大阪難波四ツ橋線「四ツ橋駅」から徒歩1分
御堂筋線「心斎橋駅」から徒歩4分
四ツ橋線「大阪難波駅」から徒歩9分

おすすめ度
習得できるスキル JavaScript/CSS/HTML/Premire Pro/Excel/Word/Illustrator/PythonPhotoshop/Ruby
就労移行ITスクール大阪梅田 JR東西線 「北新地」直結
JR「大阪」徒歩 約7分
大阪メトロ 「西梅田」徒歩 約2分
大阪メトロ 「東梅田」徒歩 約5分
大阪メトロ 「梅田」徒歩 約8分
阪急「大阪梅田」徒歩 約8分
阪神「大阪梅田」徒歩 約5分

口コミ・評判公式ページへ

Manaby

マナビー

大阪本町事業所大阪メトロ 御堂筋線「本町駅」より徒歩約3分
大阪メトロ 四つ橋線・中央線「本町駅」より徒歩約6分大阪梅田事業所JR東西線「北新地」、地下鉄四ツ橋線「西梅田」から徒歩1分(駅直結)
JR各線「大阪」から徒歩4分
阪神各線「梅田」から徒歩3分
阪急各線「梅田」から徒歩8分

おすすめ度
習得できるスキル PHP/HTML/CSS/Scratch/JavaScript/Git
大阪天王寺事業所 JR東西線「北新地」、地下鉄四ツ橋線「西梅田」から徒歩1分(駅直結)
JR各線「大阪」から徒歩4分
阪神各線「梅田」から徒歩3分
阪急各線「梅田」から徒歩8分

公式ページへ

atGPジョブトレIT・Web心斎橋事業所

atGPジョブトレIT・WEB心斎橋
おすすめ度
習得できるスキル Illustrator/Photoshop/HTML/CSS/JavaScript/PHP
【本町校】 【本町駅】 四つ橋線27番出口徒歩1分
【本町第2校】 【本町駅】 本町駅23番出口から西へ5分
【阿波座】 阿波座駅2番出口より東へ7分
【四ツ橋校】 【本町駅】 2番出口、5番出口、25番出口よりそれぞれ徒歩5分

公式ページへ

通所費用が心配な学生向け事業所3選

学生の方に限りませんが、費用面に関してはとても不安になる要因であり、重要なことであります。

就労移行支援に通いながらアルバイトはできませんので、家族からの支援や給付金でしか収入はありません。

そんな中で通所をするには交通費や昼食は欠かせません。
事業所によって負担があれば金銭面も気にすることなく通所することができるでしょう。

これから交通費や昼食費を負担してくれる大阪の事業所をご紹介していきます。

就労移行支援WithYou

就労移行支援事業所WithYou
おすすめ度
【本町】 本町駅 17番出口(御堂筋線) 徒歩1分以内
【堺筋本町】 堺筋本町駅 12番出口(堺筋線・中央線) 徒歩5分
谷町4丁目駅 4番出口(谷町線・中央線) 徒歩5分
【梅田】 梅田駅 2階中央改札 (阪急) 徒歩8分
梅田駅 東口改札 (阪神) 徒歩6分
扇町駅 (堺筋線) 6番出口より、徒歩3分
天満駅 (JR線) 徒歩5分
【大阪】 大阪駅 南口(JR線)徒歩5分
梅田駅 南改札(御堂筋線)徒歩3分
東梅田駅 北東改札(谷町線)徒歩4分

口コミ・評判公式ページへ

事業所紹介!

With Youは大阪でも数少ない昼食費・交通費・テキスト費を負担してくれる事業所になっております。プロの講師陣による講座が開かれていたり、専門的なスキルアップができる人気の事業所になっております。

ココルポート

おすすめ度
【大阪梅田Office】 JR大阪駅 徒歩8分
阪急大阪梅田駅 徒歩6分
大阪メトロ御堂筋線梅田駅 徒歩6分
【大阪なんば駅前Office】 大阪メトロ四つ橋線 なんば駅より徒歩6分
大阪メトロ御堂筋線 なんば駅より徒歩1分
JR 難波駅より徒歩6分
近鉄難波線 大阪難波駅より徒歩4分
南海本線 難波駅より徒歩5分
【大阪京橋Office】 JR 京橋駅より徒歩8分
京阪 京橋駅より徒歩8分
大阪メトロ 長堀鶴見緑地線 京橋駅より徒歩4分
天満駅 (JR線) 徒歩5分
【大阪千里中央駅前Office】 大阪モノレール 千里中央駅 徒歩7分
大阪メトロ御堂筋線直通 北大阪急行線 千里中央駅 徒歩2分
事業所紹介!
ココルポートが負担してくれるのは交通費、1月上限1万円と昼食費です。全国に店舗を構えており、ココルポート独自のプログラムが用意されています。
2023年4月時点で3.146名にもなるので実績もあります。

チャレンズ

おすすめ度
【チャレンズ京橋校】 京橋駅(JR北口)、京阪本線(中央改札口)、地下鉄長堀鶴見緑地線(3号出口)各出口より徒歩4分
事業所紹介!
チャレンズは交通費の全額負担と昼食はお弁当1つ50円となっております。
少数製によるサポートで定員は6名です。
少人数ということもあり、一人一人にきめ細かなサポートをしてくれる事業所です。

まとめ

大学生でも就労移行支援のサービスを利用できることはわかりましたね。

大阪には数多くの就労移行支援事業所が存在しています。

大学在学中に通うということは家族からの支援も確実に必要となってきます。

一人で悩まずにまずは家族や通院している主治医に相談して就労移行支援というサービスを利用するようにしましょう。

そして、自分に合った事業所に通う事も就職につながってきますので、事業所選びも慎重にするようにしましょう。